×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

隠れ肥満は要注意

肥満というのは体脂肪率で決まるもので、例えば重量挙げの選手やボディービルダーのように、体重は重いけれど筋肉が多く脂肪が少ない人のことを肥満とは言いません。けれど、体重は標準なのに筋肉が少なく脂肪が多く体脂肪率の値が、男性で25%以上女性で30%以上ある場合は肥満と言えます。


後者を隠れ肥満といいます。隠れ肥満は見た目が普通なので生活を改善することなく過ごしてしまうことが多く、肥満が進んでしまいとても危険です。肥満は高血圧、高脂血症、心筋梗塞、糖尿病、脳梗塞、腰痛などの病気を起こしやすくなります。ですから、隠れ肥満はとても危険なのです。気付いた時は遅かったとならないために、自分の体脂肪率をしっかりと把握しましょう。

隠れ肥満になりやすいのは、運動をしていない人やダイエットをしてリバウンドを繰り返している人、昔から体重は変わっていないのにお腹周りが太くなった人、小食なのに太りやすい人です。思い当たる人は早速体脂肪率をチェックしてみましょう。

隠れ肥満の人はダイエットが必要になりますが、痩せるためのダイエットではなく体脂肪を減らすためのダイエットが必要です。食事制限だけのダイエットではさらに隠れ肥満が進行してしまう可能性が高いので注意が必要です。

食事制限だけで痩せようとすると、糖質や脂質だけではエネルギーが足りず、筋肉の元になるタンパク質が使われるので、筋肉がどんどん減ってしまいます。同時に脂肪が減ったとしても、体脂肪率が思うように減らないのです。そして、食事制限だけのダイエットはストレスがたまりやすく、いずれものすごい食欲に襲われリバウンドしてしまうことがほとんどです。

そうならないためには、運動で筋肉を付け代謝をアップさせるダイエットが必要になるのです。筋肉を付けることで体脂肪率は下がり、代謝がアップするので食事制限をあまりしなくても体脂肪率を下げることができます。食事は制限するよりも量を減らさず内容を見直すことで、筋肉がつき脂肪を落としストレスがたまりにくいダイエットになります。

肥満はいろいろな病気の原因となり、知らず知らず自分の命を縮めてしまいます。見た目には標準だから大丈夫と思わず、定期的に体脂肪率を測りましょう。

食事制限だけでダイエットをしようと思っている人も要注意です。ダイエットはただ体重を減らせばいいというものではありません。健康的に痩せたいのなら体脂肪率を減らすべきだと思います。ダイエットをするときは必ず体脂肪率もチェックしましょう。

このページのトップへ